2015年10月27日

ユニットバスの証明と連動のファンが動くとファンの音に人殺し付きまとい集団の声が取り付きます。

入浴中なんですがユニットバスの証明と連動のファンが動くとファンの音に声で取り付きます。
何が取り付くかと言うと私に付きまとっている自殺強要ストーキング集団の声です。
聞かせて来る声はほとんどがボイスチェンジされた声で男が女性の声を女が男性の声を+子供から年配者の声で幅広く使い分けている様です。


私自身が録音や録画確認で試聴しても、そこでまた新たに声を追加されるので意味が有りません。
この集団ストーカー(自殺強要ストーキング)の一番は被害者に馬頭や仕立てあげ誘導(演技)と被害者を盗撮盗聴して得た個人情報の本人告知と拡散し聞かせる事が重要らしいのです。

24時間何人かでチームを組み交代して付きまとい声を聞かせて精神異常を引き起こさせる。
自殺や自滅・錯乱しての突発的犯罪に走らせる事が目的です。
通常では信じられない状態を演出するのが人殺し犯罪の特徴です。
他には音波攻撃でこの犯罪者達が言うには「音波攻撃を始めて通常3カ月、遅くても6カ月で自殺に走る」と信じられない事を聞かせてきます。
全ては付きまとう為のシステム=ギジュツ(名)から行うのが通常となっている様です。
それをコントロールするのが携帯電話やスマートフォンらしいのです。
posted by Kei at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬区居住での被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。