2014年11月15日

最近は季節がら鼻すすり「死ね」が横行しています。

鼻すすりの音に似せた「死ね」が「日本人だから許さない」「世界の輪がつながらない」「協定の事がバレたら大変な事になる」と言いながら日本国内テロを準備中の自殺強要ストーキング実行者の間で配信された音声を使っている様です。

日本国内テロ準備中とは知らず騙されて参加する者、報酬で参加する者など・・・
鼻すすり「死ね」は鼻すすりの合間に使う罵倒の挑発です。
私的には、それになんの意味が?と思うのですが、最初から異常行動なので理解できません。

別名:集団ストーカーと呼ばれる様に狙った人間に複数で取り付るき付き纏うのですが、その中にもチームが組まれていて取り憑いている人とのトラブルに発展しそうになるとチーム内で入れ代わる。

計画的にやられていますね。
「日本人だから許さない」と言われているのに加担している日本人に未来は有るのでしょうか?
騙されて参加していても全てを知ったうえで参加していても、私が同情したり許すことは有りません。
何故なら最終決断は自分達個々にした筈であり、本人確認や不明な部分の確認をしなかった訳ですから責任は個々に発生する筈です。

11月26日記入
私が仕事を始めて数日が経過しますが最初はかなり痛みを感じるだろうと思っていました。
確かに痛かったのですが常用飲薬を使って頑張っていました。
そして遂に全て使い果たしました。
仕事を始めて4日目位に当たる頃仕事の最中や終ってから、また帰宅途中などで感覚に異常が出始めました。
左足をも含めて頭の先から左側半分痺れと麻痺が起こっています。
私の認識では痛みが有るよりも悪い状態と受け止めています。

今日まで連日続いています。
気が付いて触れてみても自分の身体では無いような感覚で10%〜20%くらいしか自分で触れていると言う感覚が伝わってきません。
過去のこのブログの日記にも書き込んでいますが医療妨害を受け、生活保護を私が受けている事を仮病や詐欺行為みたいに言われ、また御世話になっていた市役所にも報告されているのだろうと予測しています。
市役所の方もその認識で動いた。
だから私も青梅市の釜の淵公園内の多摩川沿いで浮浪者的な生活を余儀なくされた。

市役所に預かってもらっていた荷物の中から賞味期限が1年から1年半切れたカビ臭いインスタントラーメンと小麦粉を仕方なく食べて生きながらえていた。
やはり生きていないと自殺強要ストーキング実行者達(日本国内テロ準備中:システムは構築済み)と戦えなくなるから・・・・
生きている目的は、ただその一点だけだった。
意識を手放した方がどれほど楽かと何度も思った。

この予想外の麻痺で私自身が死を迎えるのならそれでも良い。
私にとって最悪は左半身不随で生き残ってしまった場合。
だから身体の変調は書き記して置く事にした。
治り切っていない怪我が原因で何かが起きた場合に判断を下した市役所と恐らく主犯グループと同じ様に市役所に働きかけたで有ろう施設の職員に追求が及ぶように
罵倒や私の個人情報を口にした事、脅迫や脅しは仮病で詐欺師な私を更正させる為にわざとやったと修正した西東京市早稲田大学主犯グループを許さない為にも・・・・・

仕事をしていない時には徒歩で遠出をしても足に影響を受ける事は一度も無かった。
結局は頚椎だから予期しない影響が出たと言う他ない。


今日は市谷の防衛省前を通って薬王寺町の現場に行ってきた。
昨日と同じ現場。
処が昨日は音声の付き纏いは防衛省前では無かったのだが、今日は有った。
防衛省に対して線引きを行ったか、根回しが終了したのかは知りませんが、自分達テロ集団で「技術」とおかしな命名した音声付き纏い・攻撃型音波発信・位置情報追跡機能を持たせたシステムを使っていました。
私からすれば、のどかに感じました。
だって「日本人だから許さない」「韓国のキチガイだから」とも言われているのに日本国内でのテロ行為で市谷の防衛省前って・・・・・
posted by Kei at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | 自殺強要ストーキング被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。